税法・財政法試験問題集・その71

 

大東文化大学法学部・法学特殊講義2B(相続税および贈与税)第1回中間課題〔2017年11月13日出題〕

 

次の設問に答えなさい(いずれも必答)

 設問1 20171112日にAが死亡し、相続が開始された。遺言書はない。Aの遺族は次の通りである(特記なき場合は同日において生存している者である。また、養子は普通養子である)。

 B:配偶者。但し、相続を放棄した。

 C:AとBとの間の子(養子)。但し、2016年2月27日に死亡。

 D:Cの配偶者。

 E:CとDとの間の子。

 F:CとDとの間の子。

 G:AとBとの間の子(養子)。

 H:AとBとの間の子(実子)。

 I:AとBとの間の子(養子)。

 この場合の相続税の基礎控除額はいくらか。

 設問2 20171113日にaが死亡し、相続が開始された。遺言書があり、これによると、aの財産等を承継する者は、次の通りである。

 b:配偶者。

 c:aの弟。

 d:aとbとの間の子(実子)。

 e:aとbとの間の子(実子)。

 f:aとbとの間の子(実子)。但し、相続を放棄した。

 g:dの子(=aの孫)。

 この場合の相続税の基礎控除額はいくらか。

 提出日時等:1120日(月)の講義時。DB PORTALのレポート提出機能を利用する場合には同日の1330分までとする。

 様式は問わないが、計算の経過も示すこと(図を付するのは勿論OK)。

 

戻る